So-net無料ブログ作成

心臓が縮む思い、9.1息子の心臓の検査。 [息子]

8月27日土曜日の夜、お風呂に入っていた私は、

息子に何か(何かは忘れた)もってきて~!と頼み、

それを受け取るときに、

息子の左手の所作がおかしいと気づきました。

右手で持ってきてくれたものを私に差し出し、

左手はグーをして自分の(息子)左胸に当てていました。

「どうしたの?そこ押さえて・・・」と聞きましたら、

「時々心臓がぎゅーっとする」と恐ろしい言葉を聞きました。

こっちの心臓がぎゅーっとなりそうでした。

ビックリすぎて、しばらくその話題を展開させ、

どうやら、6月頃からそんな自覚症状が出ていたとか。

「なんで早く教えてくれないのよ~、病院いこう!」と言いました。

どこの病院へ掛かろうか・・・・と思案しました。

ここ岡山は、全国的にも医療レベルの高い県です。

心臓というと、やはり、まず、昔から有名な「榊原(さかきばら)」と思いつきました。

心臓病センター榊原病院のことですが。

(中学校時代、同級生に御曹司が居ました。)

月曜日は学校をお休みしていくつもりでした。

でもなぜか気が進まず、

月曜日は学校に行かせました。

月曜日はそのまま1日が終わり過ごす勢いでしたが、

夕方、主人のマッサージの先生に相談しようかと思いながら

やっぱりなかなか口にも出せず、

言わないつもりでいたものの、先生がお帰りになる間際に

やっぱり聞いてみよう!と、

榊原にいくのを何故かためらっていることを相談すると、

かえってためらったことが良かったと思えることを教えていただきました。

「なかなか人に紹介する機会もなかったけれど・・・」と前置きをお話しくださり、

いろいろな事情があって、榊原病院の医師の一部陣が

新たにクリニックを開設されて開院しているところだそうで

そこはかなり評判も良い、そして、

(先生の)遠縁の親族の方が重責を担う職に就いているから

良ければ訪ねてみたらどうかと、

かなり良い情報をくださり、

本当に、最近は良い御縁を頂戴するとつくづく思いました。

迷いなくそこへかかろうと決め、

昨日の9月1日木曜日、

息子に学校を休ませ受診してきました。

小規模なクリニックですが、中身はかなりの医療レベルだと感じました。

息子を診てくれた医師は40歳前後の若手の医師でしたが、

物腰優しくもハキハキとされ、好感がもてました。

大病院でも受診日当日1日でこんなにできないだろう検査を

次々、流れるようにして頂きました。

問診に時間をかけて聞いてくださったあと、

検尿、血液検査、心レントゲン、安静時心電図、

心臓負荷後心電図、超音波エコー。

心臓発作を起こす因子のあるホルモンを持っているかどうかを調べれば

将来の心臓病発病予測が高い確率でわかるとかで、

(かなりヘエーッ!!と思った)

結果が怖いものの、

血液の精密検査項目に入れてもらうことができたのは有難い!

正直、ここまで進んでいるのか・・・・と驚いた。

他にも、高度なレベルのことをサラサラ~っとおっしゃっていて、

ついていける聴く能力は私にはなかったが。。

また後日聴いてみたい。

息子は一通り検査をこなし、先生のもとでまた話をきいた。

レントゲンで、心臓の周りの筋肉、心筋がかなり肥厚していると言われた。

これは太っているせいで心臓に負担がかかり、

その負担を心臓自身が筋肉を増やし、心臓の動きを補っているせいらしい。

もちろん肥厚するのは悪い状態。

このままだと早くに心不全か動脈硬化が進み心筋梗塞モード一直線で

メタボリックを超えた病的症状だとハッキリとさらっと言われ、

私はその重々しくも恐ろしい言葉の羅列に

ただでさえ高い私の血圧が更に上がるのを感じました。。

お母さんも体格がイイから一緒に検査されといたほうがいいですよ!と

親切に声を掛けて頂き、

是非ともにお願いいたしますると、

血液検査を先に出すことにして採血してもらい、

諸検査は次回の息子の検査結果宣告(合格発表みたいな表現)日に

私の諸検査の続きをしてもらうことにして帰宅した。

かなり恐ろしいショックな(わかっていて予想はしていたが)言葉は

危機感を相当感じて

開き直りデブ自己愛主義者=わたくし他何名、

「ダイエット」を真剣に意識しなくては・・・と。

やはり日々の食事に気をつけないと。

塩分も控えてくださいよ!と優しく指導してくれた。

これ以上家庭の中にリスクが増えると(いやもう既にある)・・・

眠っているWiiのなかの自分キャラを起こして、

わざと嫌味に呼び掛けられる違う名前を呼ばれながら

〇年ぶりですね!!と言われることを乗り越えて、

毎日頑張ってみるか・・・と思い始めた。

(はやくとりかかれよ!)

体重計に乗るのが恐怖。

いや、現実を見ろ。

鏡をわざと見なくなってはや何年か?

食事制限を綿密に計画してみようと思う。。

デブはすぐに体重は落ちるが

そんな甘いものじゃあないですよね。

結婚前、3ヶ月で15㎏落とせた過去の栄光はもう再現できないだろうから。

ははは、は、は、、、、

最後のチャンスだと肝に銘じて。

k4245378.jpg私もジャンプしたい!

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。